子育てにも「あり方」

月に一度、野口整体の「活元会」というものに参加しています。

今回の内海先生のお言葉。

「こどもがぐずったり、何かしらの問題がある時には、まずお母さんが、ご自身の”みぞおち”がちゃんと緩んでるかを、まずチェックしてください」

こどもが悪いのではなく、まさにお母さんの内面を映し出しているというわけですね。それはこどもに限らず、あなたが創り出す、またはいる、「場」も同じです。

野口整体では、みぞおちが緩み丹田に気を満ちさせることが基本ですが、それがなかなか難しい!

震災の時に翻訳したフランク・オスタセスキさんの文章にも、「おなかが緩んでいるかを、まず調べなさい」という場面が出てきます。

いずれにしても、まず体をチェック!というのは、SIFワークショップと同じです。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次回SIFワークショップ:2016年1月11日
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA